お財布ヤミ金被害でよくあるのが執拗な取り立てです。返済ができない状態で、これを自力でやめさせることはほぼ不可能といっていいでしょう。返済して一時的に取り立てがとまっても、また払えなくなれば同じことです。もしも取り立てを受けることで困るようになったら、法律事務所の弁護士無料相談サービスを利用することをおすすめします。その後、正式に法律事務所と契約を交わせば、弁護士が介入したことをヤミ金業者に通知してくれます。

これは受任通知といって、文書に取り立てをストップすることなどが盛り込まれているものですが、ヤミ金業者が携帯電話のみで活動しているようであれば、そのヤミ金業者に対する電話連絡で弁護士が介入したことを話し、取り立てをストップするように求めてくれます。なお、弁護士の介入以降、本人にヤミ金業者が取り立てを行なった場合、それは違法行為となります。

弁護士があいだに入られてしまうと、本人からお金を巻き上げることがもうできなくなるだけでなく、口座が凍結されたり逮捕されたりというリスクがヤミ金業者には生じることになります。ヤミ金業者としての活動を継続することが不可能になることを恐れて、多くの場合は取り立てが行なわれなくなります。