弁護士お金を借りた相手がヤミ金業者とわかった場合、お金を借りた人はそのお金を返す必要がありません。年利20%オーバーの条件での融資、貸金業登録をせずに営業しているところは違法行為をしていることになります。このようやヤミ金業者と締結した契約は無効で、違法な目的で貸し出されたお金は、利息だけでなく元本も返す義務は法律上ありません。

したがって借りた相手がヤミ金業者とわかった時点で返済はやめて、まずは弁護士に無料相談できる「アディーレ法律事務所」のような弁護士事務所を探して、すぐに利用しましょう。また、現状でヤミ金業者から厳しい取り立てを受けて、身の危険や恐怖を感じたり、借りたものは返すのが当然と思ったりして返済を継続していた人も同じです。

法律事務所に正式に依頼をしたあとは取り立てをやめさせるために本格的に弁護士が動いてくれますが、それでも諦めの悪いヤミ金業者は法律事務所による働きかけを無視して少額の返済でもしてくれれば手をひくなどと理由をつけて、お金を取ろうとしてくることがあります。

この時点でヤミ金業者のいうとおりにお金を払ってしまうと、もっと取れるのではないかと調子に乗って、あれこれと理由をつけて支払いを要求してくるようになります。繰り返しになりますが、いっさい支払う必要はありません。ヤミ金業者からの連絡は無視し、支払いを要求された場合には法律事務所に伝えましょう